ずっと前から読みたい、読みたいと思っていた
たっくさん著書「必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~」。

これが大変読みやすく、1時間もあればすべて読むことができ
読み終わった後は、実践したくてウズウズすること間違い無しです^^ 
 

目次

・はじめに
・なぜ散らかるのか
・必要十分である状態
・まずは机の上を確認
・机の上を運ぶ
・机の上に不要なもの
・プリンターはいらない
・買いだめは危険
・“書類の処分の仕方
・思い出は思い出して楽しむ
・お風呂場は毎日すべて洗う
・洗面所に置くものは一日一回ルール
・靴は3足
・下着は3枚
・バスタオルは不要
・本は、読む本だけ手元に置く
・服は強制ローテーション
・会社のサイドキャビネットはいらない
・不要なものの処分のしかた
・音楽はデジタルで管理する
・必要十分生活テスト
・必要十分生活は頭をつかう
・自分と相手の領域を区別する
・ついつい捨てられないものの処分例
・おわりに

目次を見てもわかるように、かなりシンプル化してあります。
また、本にも書かれていましたがどこから読んでもOK!
気になるところから読んでいけるのがまた、楽しいところです^^

文章も丁寧でわかり易い

著者たっくさんは、男性(既婚者)で、私は女性(既婚者)ですが
たっくさんの生活・経験を元に綴っており、女性の私も大変勉強になりました。 

ただ私の場合は、今の生活をしているので、「なるほど」と読み進められましたが
そうではない女性にとってはなかなか実践しにくいのかな?と思います。

しかし、はじめにも書いてありましたが
たっくさん自身極端なところがあるため、それに合わせる必要はない。
 「極めるとそうなるんだな」くらいに捉えて
読み手の私たちが感じる「必要十分」に合わせてカスタマイズしてほしい、とのことでした。

こうやって前置きがあると、読み手もハードルも下がり
受け入れ態勢が変わってくるなと感じました^^

また、文章も話しかけるような感じだけれどしっかりとした文調。
押し付けがましくなく、上から目線でもなく
シンプルにまとめられており、かなり読みやすかったです。

買いだめは危険な理由

私が1番「そうだな!」と思ったのが、「買いだめは危険」という部分。
これは私自身も経験しており、読みながら強く頷きました。笑

絶対使うモノだからと安い時に買いだめしていると
それ以上にいいモノを見つけた時はどうするのか?など
この手は誰しも経験があるかと思うのでかなり頷ける部分ではないでしょうか?

もちろん、何でもかんでもすべてストックはダメ!というわけではなく
たっくさんは「必要十分」 なものをルール化してあります。  
これもまた、参考になりました。

初心にかえった気持ちで読めました

私自身、今の生活を始めて以前よりは断然ミニマリズムな生活になりました。
しかし、最近また「初心に戻りたい」「見直したい」気持ちが強くなり
この「必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~」を購入。

これがかなり効き、「見直したい場所、モノ」がハッキリしました。

「見直したい」とは思いつつも、自分の中であやふやすぎて
どこをどうしたらいいのか分かっていなかったので
モヤモヤしていたのだと思います。

今回「必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~」 を読みかなり明確に。 
少しずつ見直しを行っていきたいと思っています。

まずは実践(トライ)!
そこからカスタマイズなり、調整しつつ
我が家なりの快適な家を作っていきたいな、と改めて感じました。

  • 新生活を始めたばかりの方
  • ミニマリストに興味がある方
  • 断捨離に行き詰まった方
  • ミニマリストで初心にかえりたい方
などは是非一読していただきたい本です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
すっきり暮らす
少ないモノで暮らす
ミニマリストになりたい
持たない暮らし
シンプルライフ

(↓応援クリックしてくださると、励みになります。)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
問い合わせ2