少し前の話になるのですが、断乳しました。
1年ちょっと、娘が生まれてからずっとやってきた授乳。
お別れの時がとうとう来ました。

誰かの参考に少しでもなればと思い
今回はその時の様子をまとめてみました。 

かなり長くなりますが、興味がある方はぜひ最後までお読みくださると嬉しいです。
 


断乳前の様子

もともと母乳の出が良い上に、生まれつき乳腺が細く
めちゃくちゃ詰まりを繰り返し、幾度となく乳腺炎を経験しました。
そのため、産後2週間からずっと桶谷式という母乳外来に通ってケアしていました。
▶︎桶谷式母乳育児ママサポートサイト

ちなみに桶谷式の他にも産院だったり他の母乳外来などの場所を行きましたが
私には桶谷式が合っていたので、通っていました。

断乳前の我が家の授乳の回数は、朝・昼・夜の3回もしくは朝・夜の2回。
最初のころは15回、13回なんてザラだったのが
気づけばここまで回数が減っていました。

娘も差し出されるから飲むという感じで
特別おっぱいを欲しがることはありませんでしし
ご飯も周りに心配されるくらい食べていました。 

出産前は自然と子どもが飲まなくなる卒乳まであげてもいいかなと思っていましたが
幾度とないトラブルを経験していたので、適切な時期が来たら早めに断乳したいと思っていました。

通っている桶谷式の母乳外来の助産師さんと話してみると
夏・冬は避けたほうがいいとのことだったので、その前に決行することに。

本来断乳のだいたいの目安は
  • 一人歩きがしっかりできること
  • 3回しっかり食べている
  • 母子ともにトラブルがなく健康

3回しっかり食べているし、母子ともに健康。
ただ娘はまだしっかり一人歩きはできていませんでした。

しかし、娘もおっぱいにそれほど欲しがることがないし
1日2・3回の授乳ということもあり、断乳する運びになりました。

断乳は主人が休みの日に合わせてスケジュールを立てました。

また私の場合は断乳中の圧抜きはしなくていいだろうと。
絞ると分泌されるので、ひたすら我慢すること。
もし乳腺炎の症状が出たらすぐに連絡してくださいと言われました。
(断乳時・後に乳腺炎になったら治りにくく、大変みたいです)

断乳決行1日目

朝の授乳を最後に断乳を決行。
最後の授乳をする時に
「これで最後でバイバイするよ」
「今まで飲んでくれてありがとう」
「おっぱいバイバイしても変わらず好きだよ」
ということを伝えました。

最後の授乳は時間などは関係なく、子どもが満足するまで飲ませていいとのこと。
我が家の場合は、普段よりも少し長めの片乳8分づつ飲んで終了。 

本来最後の授乳が終わるとおっぱいに絵を描くのですが
娘はおっぱいを欲しがることがなかったので、描かなくても平気でしょうと
担当助産師さんに言われていたので、私は絆創膏だけ貼りました。

その後は普段通り。いつも通りご飯はモリモリ食べるし元気良く動き回っていました。
もともとお昼も飲まない日があったので日中も問題なく終了。
一度もおっぱいを欲しがったりすることはありませんでした。
親の私が拍子抜けするくらい。

一番心配していた夜。
ご機嫌が悪いこともありお風呂上がりからギャン泣きでしたが
授乳の代わりにお水を飲み、いつも通り主人が寝かしつけをしてくれて就寝。

授乳していた時はおっぱいで寝落ち、
寝なかった時はしばらく遊んだら一人で寝ていましたが
断乳してからは抱っこじゃないと寝付けなかったみたいです。

夜中も今まで通り何度か寝言泣きはありつつも
トントンしたら寝つき、朝まで寝ました。
喉が渇いたり、お腹が空いて起きることもなかったので
途中で飲食することはありませんでした。

私のおっぱいの状態も普段通り。
こちらも元々朝・夜の2回のこともあったので
少し張って重いな、という感じでした。

断乳決行2日目

娘は前日早めの夕食・就寝ということもあり
いつもより早く起床しご飯を食べました。
特別食欲が増したということもなく、普段通り。

私は言うと、朝起きたらびっくり!胸の張りと痛みがすごいことに!
詰まった時のことを思い出して懐かしくも痛みで悶えていました。

ただ赤みも熱・悪寒などの乳腺炎の症状はなかったので
ただただ我慢するのみ。本当に地獄でした。

だいたいこの2日目が山場。
この1日を乗り越えれば楽になります。

抱っこなどは痛すぎてできなかったので主人に頼りっきり。 
この日は1日丸々外出して家族みんなで気分転換。

夜は1日目同様、お風呂上がりから機嫌が悪く
この日も主人が抱っこで寝かしつけ。 

2日目は眠りが浅かったようで夜中かなりの頻度で起きました。
その都度主人が寝かしつけてくれ、最終的には主人のお腹の上で寝落ち。 
主人の協力があって本当によかった。涙

私のおっぱいはというと、パンパンに張り
熱を持った感じで熱く、ズキズキ痛みました。
私の場合は左の方が分泌が多かったようで
右よりも張りと痛みがすごかったです。

横になると重力で痛みが増し、全然眠ることができませんでした。
結局寝付けたのは朝方4時過ぎでした。
この日も圧抜きは一切せず。

断乳決行3日目

朝方4時に眠ったものの、痛みで深く眠れず
スッキリしないまま起床。 

娘は普段通りご機嫌さん。
朝ごはんもお昼ご飯も今まで通りパクパク食べてくれました。

この日はやっっっと絞れる日。
いつもは主人が仕事なので娘と二人で母乳外来に通っていましたが
今回は娘は主人に見てもらい、私一人お昼頃母乳外来に行きました。
(※助産師さんに一人でくるように言われていたため)
この日は1時間半かけてしっかり絞ってもらいました。

あれほどパンパンで痛みがすごかったおっぱいが
ふわふわ柔らかいおっぱいに元どおり。
もちろんまだ痛みは若干あるものの、スッキリしました。

担当の助産師さんに見てもらうと、私の張り具合は全然軽い方らしく
正直「これで軽い方なの?!」とめちゃくちゃびっくりしましたが
張りがすごい人になると、パンパンでおっぱいが一つになる人もいるんだとか。

乳腺炎の時よりも幾分痛みもマシだったし
3日目には楽になるというゴールが見えていたので耐えることができましたが
痛みにめっきり弱い私は、今までトラブルなく順調に授乳ができていたら
これは耐えられない痛みだったな、と思いました。

ただ右の上、左の脇の辺りに小さいシコリが数個できていたようで
マッサージで取り切ったものの、まだ心配なので
1ヶ月は食事に気をつけて、体を温めないように気をつけてとのことでした。

また断乳はしたものの、お酒は控えるようにと。
というのも、アルコールは血流がすごくよくなるので
母乳が作られ続け、止まらない可能性があるとのことでした。
(実際に通っていた方にいらっしゃったようです)
元々お酒を飲むことがない私は気になりませんが
断乳後は飲みたいな、と思っていたのでまたしばらくお預けです。笑

断乳後の変化

娘はおっぱいに興味が薄かったようで、想像以上に断乳はすんなり行きました。

元々おっぱいを探したり、欲しがったりすることはありませんでしたが
2日目あたりに少しは欲しがるかな、と思っていました。
しかし一切そんなことはなかったので、娘自身の負担は少なかったかなと思います。

食事の量は元々よく食べる子だったので
それほど変化は感じませんでしたが、水を飲む量は増えました。

また普段から夜は主人が寝かしつけをしてくれているので
ここもそれほど変化はありませんでした。

ただ、断乳前は一人で寝付くことが多かったのですが
断乳後は抱っこじゃないと寝付かなくなりました。

しかし、断乳前は夜中数回寝言泣きがありましたが
断乳後はほぼなくなり、朝までぐっすり寝ることが増えました。 

また一人歩きが一気に進み、ガンガン歩くようになりました。

断乳2・3日目は本当におっぱいがガンガン張ってめちゃくちゃ痛く
抱っこもできないほど。
そのため主人の協力は必須で、本当にありがたかったです。
断乳を予定されている方は、家族が協力できる日を狙って
決行されることを強くお勧めします。 

また1日2・3回と比較的少ない授乳回数でしたが
想像以上に張りました。覚悟して臨んだほうがいいです。 

まだまだケアは必要

断乳はひとまず完了ではありますが、まだケアは必要なので通う予定です。
断乳1日半頃から作られた母乳は再吸収が始まり
だんだん作られる量は減っていきます。

だいたい断乳1週間後の2回目の絞りでほぼストップするらしいのですが
まだ作られているとのこと。
この時までは作られたおっぱいなので比較的サラサラ。
ここまでは体に再吸収されるみたいです。

しかし1ヶ月くらいたつとドロドロしたおっぱいに変化し
ここまでくると体に吸収されないので、マッサージでないと出し切れないみたいです。

張らなくなったからとマッサージなどでケアせずそのまま放置すると
シコリになり今後のトラブルに繋がる可能性が出てくるみたいなので
私はまだしばらく母乳外来に通い、ケアしていく予定です。

といった感じで、かなり長くなりましたが断乳レポでした。 
少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓随時更新中↓
 

↓読者登録はこちらから↓




↓お仕事のご依頼・お問い合わせ↓




↓記事掲載させていただいています↓


michill

↓愛用品・購入品・欲しい物をまとめています↓


↓いつも応援クリックありがとうございます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ