こんにちは、我が家なりの小さい暮らしを発信しているおくま(@okumalife)です。

毎日耳にしない日はないほど現在猛威を奮っている新型肺炎のコロナウイルス。
我が家にはもう直ぐ2歳になる小さい子どもがいるので、本当に毎日怖いです。

そこで今回は我が家なりに行っているコロナウイルス対策についてまとめてみました。



コロナウイルスとは

cdc-LiNIONbajm4-unsplash
コロナウイルスについて厚生労働省によると
発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。それらの中には、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の10~15%(流行期は35%)の原因となるものです。
詳しくは、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。 https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)/厚生労働省
新型コロナウイルス感染症の現状からは、ヒトからヒトへの感染は認められるものの、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。
(中略) 
潜伏期間は現在不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。
なお、世界保健機関(WHO)の報告によれば、現時点の潜伏期間は2-10日とされています。
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports
参考までに、他のコロナウイルスについては、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)/厚生労働省
もしも 、感染してしているかも?と思った場合については
「14日以内に湖北省への渡航歴がある方あるいはこれらの方と接触された方」ではない場合は、お近くの医療機関を受診してください。
湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方については、最寄りの保健所等に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にお問合せください。「帰国者・接触者相談センター」において、武漢市を含む湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある方については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。
「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる方から電話での相談を受けて、必要に応じて、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整を行います。
「帰国者・接触者相談センター」は、2月上旬を目処に、各保健所に設置されます。
なお、相談時間等につきましては、最寄りの保健所にお問合せください。
 なお、設置までの間は、下記のホームページをご覧いただき、最寄りの保健所にお問い合わせください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)/厚生労働省
残念ながら2020年2月現時点では、コロナウイルスに対する
有効な抗ウイルス薬等はなく、対症療法を行っていますが
現時点ではとにかくかからないよう対策をするのが一番良いとされています。

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。



コロナウイルスに対する有効な対策

matthew-tkocz-q697-Akhwkc-unsplash
コロナウイルス対策についても厚生労働省のサイトに記載されています。
まず、一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくようお願いします。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。
また、持病をお持ちの方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層の注意をするようお願いします。
14日以内に湖北省への渡航歴のある方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診においては、湖北省の滞在歴があることまたは湖北省に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。
出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)/厚生労働省
先日放送された「ホンマでっかTV」でもコロナウイルスについて取り上げられており
そこでコロナウイルス対策について「インフルエンザ+ノロウイルス+目」が有効であると述べていました。

なんとコロナウイルスは、ノロウイルスと同じよう排便からも出てくるとのことに加え目からも感染するそうです。

これだけみると、防ぎようがなさそうにも見えますが
コロナウイルス対策は、基本的に風邪やインフルエンザと同じでOK。
具体的には以下の方法が有効的と考えられています。

  • 石鹸でしっかり手洗い・うがい
  • 外ではマスクを着用
  • アルコールで除菌 

コロナウイルスは石鹸とアルコールに弱いため、これらを用いることが有効的です。

また、「ホンマでっかTV」ではコロナウイルスは
ノロウイルスと同じよう排便からも出てくるとのこと。

そのため、便座はアルコールで除菌して使用する。
使用後はしっかり石鹸で手洗いをする。
これだけでもコロナウイルスに感染する確率は大幅に減らすことができます。

我が家がしているコロナウイルス対策

cdc-aM8z29w0WTk-unsplash
現在我が家で行っているコロナウイルス対策は以下の通り

  • 人が多い場所に極力出かけない
  • 外出の際はマスク着用
  • 外でも家でもアルコール除菌
  • 石鹸で手洗いとうがいをしっかりする
  • 水分補給を今まで以上にする

⒈人がおい場所に極力出かけない

とにかく今は人が多い場所には極力出かけないようにしています。
幸い我が子は、外に出たがりではないので家遊びも楽しんでくれているので助かっています。
また、外遊びをしたいときは家の庭で遊ぶようにしています。

⒉外出の際はマスク着用

外出の際は絶対にマスク着用をしています。
主人はマスクがとても嫌いなのですが、今は仕事の時もつけて行ってもらうようにしています。

現在使い捨てマスクが品薄でどこのお店にも置いていなかったり
ネットでは高額化していたりとなかなか手に入りにくい状況ですが
まだ洗って繰り返し使えるマスクはお手頃価格でネットで売っているので
そちらを使うのもオススメです。

⒊外でも家でもアルコール除菌

我が家で愛用しているアルコールが
アルコールスプレー・アルコール除菌シート・アルコール除菌ジェルの3種類。
この3種類はもともと持っていたもの。

家で愛用しているアルコールスプレーは業務用スーパーのもの。



外出先ではノロウイルスにも効果的と言われているジェームズマーティンの携帯用を愛用中。
主に手の除菌や外食時のテーブルや椅子、オムツ台の除菌に使っています。


アルコールシートはシルコットを愛用中。
こちらも手・テーブル・便座などの除菌に使っています。

アルコールジェルは手ピカジェル。
こちらも主に手の除菌に使っています。

この3種類を使い分けたり、その時に使いやすいのをパッと出して使っています。

⒋石鹸で手洗いとうがいをしっかりする

とにかく今まで以上に手を洗うときはしっかり石鹸を使って洗うようにしています。
少し前から子供もうがいができるようになったので、帰宅したら必ずするようにしています。

外出先に石鹸がないと困るので、以前ブログでもご紹介した
セリアの泡で出るポンプを持ち歩いています。



⒌水分補給を今まで以上にする

しっかり水分補給をすることもウイルス対策に効果的。
そのため子供も私も今まで以上に頻繁にしっかり水分補給するように心がけています。

まだまだコロナウイルスには注意

cdc-LiNIONbajm4-unsplash
コロナウイルスのピークは4月ごろで、7〜8月ごろに落ち着くと考えられているそうです。
まだまだコロナウイルスに警戒する日々は続きそうなので
引き続き対策をしっかりとしていきたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓youtubeはじめました↓
チャンネル登録よろしくお願いします。
 

↓随時更新中↓
 

↓読者登録はこちらから↓




↓お仕事のご依頼・お問い合わせ↓




↓記事掲載させていただいています↓


michill

↓愛用品・購入品・欲しい物をまとめています↓


↓いつも応援クリックありがとうございます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ