こんにちは、我が家なりの小さい暮らしを発信しているおくま(@okumalife)です。

ミニマリストを目指し始めてから少し経った頃から
本はほとんど電子書籍で読むようになりました。

今回は私が約4年ほど電子書籍を愛用している理由をメリットデメリットを含めてまとめてみました。 


 

私が愛用している電子書籍サービス

現在は電子書籍サービスは幅広い企業から出ているのですが
私がずっと愛用しているのがアマゾンのKindle。



私がKindleを愛用している理由は何と言っても取り扱い数の多さ
他のサービスと比べても段違いの取り扱い数なので電子書籍で読みたい本があるのは本当にありがたい。

また、我が家はアマゾンプライム会員ということもkindleを愛用している理由の一つです。 

アマゾンプライム会員は月額500円(年額4,900円)ですが加入すれば
kindle端末を割引価格で購入することができるし、アマゾンでのお買い物の配送料は基本無料
他にもたくさんの特典がついてくるのでコスパも良く我が家は愛用しています。



私が電子書籍を愛用している理由(メリット)

⒈読みたい本がすぐに読める

nordwood-themes-q8U1YgBaRQk-unsplash
電子書籍は、電子機器端末にデータをダウンロードすることで読めるシステム。
そのため読みたい本があったときは、スマホなどで検索をしダウンロードすれば
その場ですぐに読み始めることができます。

もちろん、紙の本でも外出しなくても家で注文し届けてもらうことは可能ですが
基本的に手元に届くまでに時間がかかります。
しかし、電子書籍ならダウンロードすればすぐに読み始められるのでここに時差がない。

現在子育て中の私は、本屋さんに本を買いに行くだけでも大変なので足が遠のきがちですが
電子書籍のおかげで家で読みたい本を検索し、ダウンロードするだけですぐに読めるのは
本当にありがたいサービスの一つです。

⒉紙の本より安く手に入る

kindle-381242_1920
電子書籍は基本的に実物の新品の紙の本よりも数百円ほど割引されていることが多く安く手に入れることができます。(古本の方が断然安いですが)
お小遣い制の我が家では夫婦共々数百円安くなるのはかなり大きいです。笑

家にいながら時差なく手に入る上に、紙の本よりも安く買えるのはなかなか良いサービスではないかと個人的には感じています。

⒊荷物が増えない

nick-fewings-f2Bi-VBs71M-unsplash
私が電子書籍を愛用している一つの理由が、実物の本ではないので物理的な荷物が増えないというところ。
私自身あまり読書家というわけではありませんが、全く本を読まないわけでもありません。
主人も同じく月に数冊本を読むので、二人分合わさると結構な数になります。

また外で本を読もうと思うときも、荷物になるし本1冊でもそれなりの重さですし
何冊も持っていくとなるとかなり重くなります。

しかし電子書籍はスマホなどの端末一つに何冊も入るので
数関係なく荷物は増えないし、重さも増えない。
この物理的にな荷物が増えにくいのが電子書籍の魅力の一つだと個人的には感じています。

他にも我が家には今は小さな子どももいるので、紙の本を本棚なんかに入れていたら
全部本棚から出されるし、ビリビリに破かれたりしますが
電子書籍ならその心配がないのも個人的にはありがたいです。

⒋kindle端末でなくてもアプリがあればスマホでも読める

kindle-1867751_1920
私が愛用しているアマゾンから出ている電子書籍はkindleですが
このkindleはkindle端末がなくてもアプリがあればスマホ・タブレット・PC・Macなどからも読むことができます。

そのため、わざわざkindle端末を買わなくても
無料kindleアプリをダウンロードすれば今すぐにでも読むことができます。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

もちろん、kindle端末の方が読みやすかったり目に優しかったりなどの効果があるようですが
もう私は慣れたのかスマホでも全然読みやすいし、不満等もありません。

⒌Kindle Unlimitedを使用すれば実質読み放題

アマゾンから出ているものではありますが、Kindle Unlimitedというサービスがあります。



月額980円の定額で、約31万冊のKindle Unlimited対象のKindle電子書籍が読み放題というもの。
(もちろん、漫画もあります)

約31万冊から読み放題なのですが、手元に残しておけるのは10冊と限られています。
11冊目を読みたい場合は、10冊のうち1冊は返却してからではないと読み始められないので注意が必要です。

我が家では主人とシェアしているので一人手元に残せる本が10冊の半分5冊ですが、今のところ私たち夫婦は5冊程度で十分の量です。

紙の本よりも電子書籍の方が安いとは言っても月に数冊買うとなると結構な金額になりますし
電子書籍にも数ページの本の試し読みサービスもありますが、それじゃなかなか買う判断ができないということもあります。
しかし、Kindle Unlimited月額980円払えば対象の本が読み放題なので
気軽に気になった本をポチポチして読み始めることができるので本当にありがたい。

自分に合わなかった本でも、すぐに返却すればまた違う本を読み始められるので
月に1冊以上本を読む方にはピッタリかな、と思います。

今はダラダラスマホをいじりたくなる時間をこのKindle Unlimitedの時間に変えて
とにかく時間を無駄にせず本を読める環境に変換しているところですが
個人的にはコレがなかなか良い感じにインプットの時間に変換できるようになりました。


電子書籍のいまいちポイント(デメリット)

⒈人に貸したりしてシェアできない・古本として売ることができない

masjid-pogung-dalangan-fiSEXKy6kSc-unsplash
電子書籍はデータなので紙の本のように気軽に人に貸したりすることができません。
我が家は、夫婦間で一つのアカウントでシェアしているので(1つのアカウントで6端末までは共有することが可能)お互いが購入した本を読むことができますが、夫婦以外の友達などには貸したりすることはできません。

よく人に本を進めたり、貸したりする方には電子書籍は合わないかなと思います。

また、電子書籍はデータなので紙の本と同じように売ったりすることはできません。
そのため読み終わった本を売って、新たな本を購入する資金等にすることはできないのがちょっと残念。

⒉電子書籍化されていない本もある

kindle-1867751_1920
現在も新たに販売される本のほとんどが紙の本が主流。
少しずつ電子書籍も同時に販売されることも多いですが、まだまだ電子書籍化されていない本もあります。
特に電子書籍がスタートする前に販売された本は、まだ電子書籍化されていないものも多く
読みたい本が電子書籍ではないことも少なくありません。

そのため、我が家もまだ全部電子書籍というわけではなく、紙の本もまだまだ持っていますし
どうしても読みたい本で電子書籍にないものは紙の本で購入しています。

個人的には電子書籍化されていない本があるのがいちばんのデメリットと感じています。

⒊書き込んだりすることができない

kaleidico-xxHDLWmc1wE-unsplash
電子書籍は紙の本と違い、データなので本の端を折り曲げて目印にしたりすることができません。
また、中にはマーカーを引いたりメモをしたりすることができる電子書籍もありますが
まだまだ少なく、本を読みながら中に書き込みたい方には不向き。

実物ではないので紙の本のように自由さが少ないのは電子書籍のデメリットの一つだと感じています。

楽天ユーザーは楽天koboがおすすめ

そんなに読書家ではない私でも気軽に本を読めるようになり
子どもがいる今の環境でも本が読めているのは電子書籍のおかげです。 

やはりどんなものでもメリット・デメリットはあります。
電子書籍も今回あげたようなデメリットがありますが
個人的に私にはメリットの方が大きいので、今後も紙の本を併用しつつ電子書籍を愛用していきます。



私はアマゾンのkindleを使っていますが、電子書籍は他にもいろいろサービスがあり
楽天ユーザーなら楽天が出している楽天Koboがおすすめ。



kindle同様、専用端末がなくてもスマホやタブレット、PCで読むことができます。
また、楽天市場同様100円で1ポイントつくし、ポイントの貯まりやすさは抜群です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓youtubeはじめました↓
チャンネル登録よろしくお願いします。
 

↓随時更新中↓
 

↓読者登録はこちらから↓




↓お仕事のご依頼・お問い合わせ↓




↓記事掲載させていただいています↓


↓愛用品・購入品・欲しい物をまとめています↓


↓いつも応援クリックありがとうございます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ