こんにちは、我が家なりの小さい暮らしを発信しているおくま(@okumalife)です。

我が家には2歳の子どもがおり、おままごとが大好き。
特に私が料理をしていると興味津々で、常に観察をしていたり
おままごとに反映していたりしていました。

ここ最近「私もしたい!」ということもあり
レタスを剥いてもらったり、トマトのヘタをとったり、果物の(バナナやみかん)皮を剥く
パッケージの袋を開けてもらったりなど簡単なお手伝いをしてもらっていました。

かなりお手伝い、料理に興味が出てきていたようだったので
思い切って包丁を使うお手伝いもしてもらうことにしました。


 

子どもの包丁選び

さすがにいつも使っている大きな包丁を使わせるわけにはいかないので
子供用の包丁を準備するにあたりいろいろ調べてみました。

ステップ①刃がない、潰れている包丁

子供用包丁には大まかに3種類あり、ステップに合わせて使い分ける方が良いとのこと。
まず最初のステップ1は、刃がない包丁。


刃を触っても手が切れない包丁や刃を潰した包丁から始めると
柔らかいものしか切れないので、怪我の心配が少なく
正しい包丁の使い方を落ち着いて学ぶことができるようです。

ステップ②刃がギザギザした包丁

刃を指で触ったりしても切れないですが、しっかり力を加えるとある程度切れる包丁がステップ2。
力の入れ具合や、包丁は怪我する心配があることも学べます。


ステップ③切れる包丁

ステップ2までの包丁に慣れてきた小学生以降は切れる包丁にステップアップ。
ただし、小学生でもまだ危ないので持ち手から刃の距離があるものや
窪みがあるタイプを選ぶのがポイント。


このような感じで、包丁もその時の子どもの成長に合わせて変えていくと良いそう。
多くは3歳から包丁を使い出すことが多いようですが
まだ我が子は2歳だし、怪我をする心配もあるため
なるべく安全なものが良いと考えました。

また、料理に興味があるとはいえども
使い続けるかも不確かなので最初っから奮発するのもちょっと気が引けました。

そんな時セリアにプラスチック製の子供用包丁があることを知りました。
プラスチック製なので手を切ったりなどの怪我をする心配が少ないのですが
程よく切れるとの口コミあり。

物は試しだと早速セリアで購入してきました。

セリアのプラスチック製子供キッチン包丁

セリアの子供用包丁がこちら。

P1250082
色味はブルーとピンクの2色があり、我が家はピンクにしました。

P1250084
包丁の大きさは持ち手の部分も含めて約21.9cm。
葉の横幅は約4cmです。

P1250085
特に適用年齢などの記載はありませんでした。

早速開けてみたところ、プラスチック製なのでとても軽く
刃はギザギザしています。

P1250087
試しに指で触ったり押し当てたり、引いてみたりしましたが
手や指が切れることはありませんでした。

しかし力一杯やればギザギザした刃なので切れるかもしれません。

持ち手はこんな感じで窪みがあり、握りやすさも考慮した作りです。

P1250092
買ってきたその晩に早速子供と一緒に包丁を使ってみました。
まず初めにこの包丁はおもちゃの包丁とは違うこと
危ない使い方をすれば怪我すること、持ち方、手の添え方、切り方を伝え
子供一人ではなく私と一緒に切りました。

ちなみに初めて切ったのは豆腐です。

それを何日か続けた後、慣れてきたのか一人でもしたいとのことだったので
野菜揚げを切ってもらいました。

IMG-3461
(エプロンはダイソーの子供用お料理エプロンを使っています)

ちゃんと伝えた通り、添える手はネコちゃんの手で
包丁もしっかり握り切ってくれました。

初日の豆腐と違い、それほど柔らかくはありませんが
問題なく切ることができました。 

子供自身もとても楽しいようで、今までよりもお手伝いをしてくれています。 
100円でこれだけの機能、手軽さ、子どもの成長を考えると
私は買ってよかったな、と感じています。

ちなみにセリアの子供用キッチン包丁のJANコードは【4991203182845】です。

P1250083

他にも100円ショップ記事もあります。ぜひご覧ください。

また他にも子ども関連記事もあります。ぜひご覧ください。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓youtubeはじめました↓
チャンネル登録よろしくお願いします。
 

↓随時更新中↓
 

↓読者登録はこちらから↓




↓お仕事のご依頼・お問い合わせ↓




↓記事掲載させていただいています↓


↓愛用品・購入品をまとめています↓


↓いつも応援クリックありがとうございます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ