こんにちは、我が家なりの小さい暮らしを発信しているおくま(@okumalife)です。

シンクの汚れがとても気になってきていたので
今回はハイホームという洗剤を使いお掃除をしていきました。


 

ハイホーム洗剤とは

P1280715
ハイホームは、天然の原料を使用しているクレンザーで
鍋の焦付きや油汚れから水垢まで幅広く使える洗剤です。
(昭和38年からのロングセラー商品です)


ハイホームは幅広い用途・場所で使うことができるのですが
  • 油汚れ
  • 黄ばみ・黒ずみ
  • 衣類の汚れ落とし
  • 金属磨き
  • 湯垢・水垢
  • ガラスの曇り 
  • 煮こぼれ・焦付き
などに使うことができます。

逆にハイホームが使えない場所は以下の通り。
  • 漆器
  • 革製品
  • 紙製品
  • 光沢があるもの
  • デリケートな製品

また成分は、研磨剤(50%)、けい酸鉱物、界面活性剤(10%純石鹸)です。

ちなみに我が家では2017年から愛用している洗剤で
以前「お風呂場の気になる汚れをお掃除!TVに取り上げられたハイホームを使ってみました」の記事でもご紹介しています。



長らくハイホームを愛用していますが、用途を選ばないので
本当に使いやすくて重宝している洗剤の一つです。 
 
ハイホームの特徴
  • 合成界面活性剤・石油系原料不使用
  • 天然の珪酸の華(湯の花)にヤシ油を使用した自然はクレンザー 
  • 人や環境に優しい洗剤
  • 研磨剤としては粒子が細かいので、磨くものに傷がつきにくい
  • 油汚れから水垢など、これ一つで幅広く使える 

キッチンシンクをハイホームで掃除

キッチンシンクの水垢掃除にはここ最近ずっと
水垢洗剤の茂木和哉を使っていましたが
今回は久しぶりにハイホームを使ってお掃除をしました。


(↑茂木和哉も水垢にとても強くてかなり重宝しています)

まずはお掃除前のシンクがこちら。

P1280708
全体的に見てもくすんで曇って見えます。

P1280709
うろこ状の水垢もたっぷりです。

P1280713
スポンジにハイホーム洗剤を適量取り
シンクを洗っていきます。

P1280718
左右にゴシゴシ擦るというよりも
クルクル回しながら掃除していった方が
より落ちる感じがしました。 

しっかり洗えたらあとは綺麗に流し終了。

P1280726
掃除前よりも曇りがなくなり、輝きが戻ってきました。

見出しを追加
一番水垢がひどかったところも、水垢が取れて輝きを取り戻しました。
なんならハイホームで磨いたところが
水を弾いているように感じました。

見出しを追加-2
水垢だけではなく、汚れも落とせてなかなか良い感じに仕上がりました。

ハイホームは月1使いたい洗剤

残念ながら取れなかった水垢の部分もありましたが
それでもここまで綺麗になったので個人的には大満足。

我が家の場合は大体水回り掃除に使っていますが
フライパンの焦げ落としにもそこそこ使えます。



天然素材、傷つきにくい研磨剤使用といっても
やはり毎日使う洗剤ではなく、月1程度のお掃除に使っています。 


他にも簡単な掃除方法の記事もあります。
ぜひご覧ください。