水回り掃除が苦手な私。
その1つがキッチンの排水口掃除で、ずっとキッチンの排水口のかごを毎日洗うのが面倒で嫌いでした。

少しでも洗いやすいようにとプラスチック製のカゴからステンレス製に変えたものの
やはり溝や凸凹が絶対にあるのでそこに汚れがたまりやすかったです。

面倒、嫌いだからと放置すればその分ヌメヌメして
汚れもたまり少し洗うくらいじゃ綺麗にはならないので
嫌でも毎日掃除をする必要がありました。

しかし、そんな時良い商品を発見。
新居に越してからは絶対にその商品を使って
排水口の水切りかごを手放すぞ!と思っていました。



排水口生ゴミ水切り用 バスケットいらず

P1190815
その商品とは排水口生ゴミ水切り用バスケットいらずというもの。
この商品を使えば排水口の水切り用カゴ不要とのこと!


最初はこんな簡単なやつで本当に大丈夫か?!と半信半疑でしたが
嫌な排水口カゴを手放せるのであれば試してみよう!と思い購入してみました。

バスケットいらずの設置方法

バスケットいらずの仕組みは至ってシンプル。
中に入っていた商品は、本体となるワッカ部分と水切りネットのみ。

まずは本体となるワッカ部分を排水口のサイズと合わせます。
きちんと切りやすいように溝があり、それに合わせて切れば綺麗に仕上がります。

P1190819
排水口サイズに切れれば、あとは水切りネットをつけて設置するだけ。
めちゃくちゃ簡単です。

ちなみに水切りネットの付け方は裏面に写真付きで載っています。
専用の水切りネットを使う場合は、ちょっとコツが入り最初は戸惑いました。

P1190818
そして実際に設置した後のシンクがこちら。

P1190820
緑がなんとも奇抜で目立ちますが、これで排水口掃除が楽になるのであれば気になりません!笑

専用の水切りネットじゃなくても使える

ちなみに、専用の水切りネットでなくても使えます。

我が家は100円ショップの口がゴムのタイプの水切りネットを愛用しているのですが
こちらでも綺麗に設置でき問題なく使うことができています。 

P1190919
↓ちなみに現在はこのタイプの水切りネットを使っています↓

P1190917
もちろん専用の水切りネットを使うのが一番なのですが
やっぱりいつも使っている水切りネットより高くなるので
今まで使っていた方がいいな〜と個人的に思って使っています。
 

バスケットいらずを実際に使ってみて

P1190815
新居に越して来たタイミングでバスケットいらずに変えてからずっと使っていますが
今のところ水の流れも問題ないですし、ゴミのキャッチ力も問題ありません。

何と言っても排水口かごを洗わなくて良くなり、一気に楽になりました!
排水口かごを使っていた時はいつもはスポンジで軽く洗ったりしていましたが
スポンジだけではどうしても細かいところの汚れが落としきれず
一週間に一回程度は、ブラシなどで細かい部分を洗う必要があったり
それが面倒な時はつけ置きしたりもしていました。

しかしこれに変えてからはそれらが一切ない!
そもそも排水口カゴがないので毎日ネットだけ変えればOK。
本体となる緑のワッカはシンプルな形状なので、スポンジでササっと洗うだけで完了なので
ブラシもつけ置き洗いもいらなくなり、本当にお手入れが楽になりました。

たった数百円で毎日の小さなストレスがなくなったし手間も少なくなったので
ここ最近で本当に買ってよかったな、と思える商品でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

↓youtubeはじめました↓
チャンネル登録よろしくお願いします。
 

↓随時更新中↓
 

↓読者登録はこちらから↓




↓お仕事のご依頼・お問い合わせ↓




↓記事掲載させていただいています↓


michill

↓愛用品・購入品・欲しい物をまとめています↓


↓いつも応援クリックありがとうございます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ